ケニア
キウニュ
ウォッシュド
カリタティ生産者組合

kenya kiunyu washed karithathi farmeras co-op

ケニア山の恩恵を受けるキリニャガ県ギチュグ地区

kenya kiunyu washed karithathi farmeras co-op  ケニア共和国は、アフリカ大陸の東部に位置する赤道直下の国です。国土面積は約58万k㎡で日本の1.5倍です。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面しています。アフリカ大陸で赤道直下の国というとキリンや象、ライオンなどの暑いサバンナを想像してしまいますが、実はケニアはそんなに暑くありません。国土の大部分が標高1100~1800mの高原となっているため、年間平均気温は19℃という比較的すごしやすい気候です。
 ケニア共和国の国名はケニア共和国中央にそびえるケニア山に由来しています。アフリカ大陸で最高峰のタンザニアのキリマンジャロにつぐ第2位の標高は5199mを誇り、赤道直下に位置するにもかかわらず氷河を戴いています。このあたりの原住民族の間では、山の頂上には神が黄金の玉座に座っているという言い伝えがあり、ケニア山は「神の山」という意味のキリニャガ(Kirinyaga)と呼ばれています。ケニア山の南山麓、キリニャガ県ケルゴヤの近くのギチュグ地区はあります。

ケニアで生まれた栽培品種SL34とRuiru11

 最初に東アフリカに広まったコーヒーは「フレンチミッション」と呼ばれ、1877年にフランス人宣教師(=French Mission)がタンザニアに持ち込んだ、レユニオン島由来のブルボンとイエメン由来のモカの間に生まれた「新芽がブロンズ色のブルボン」でした。 その後、ケニアの一部にも広がり、1885年頃タンザニアとの国境近くで栽培されていたのが、ケニアでの最初のコーヒー栽培だと言われています。1903年には、ケニアのカベテに東アフリカ初の本格的なコーヒー研究所となるスコット研究所が設立されます。スコット研究所は世界中から様々な品種を入手し、その後、ケニアは特徴的な品種を輩出していきます。品種SL28は、ケニアで最も高品質と言われる品種のひとつで、スコット研究所(Scott Laboratories)の頭文字SLの28番目の品種という名が付けられています。また、SL34は同じくケニアが輩出した高品質コーヒー品種で34番目に作られた品種です。1944年には、ルイル近郊にコーヒー研究所(Coffee Research Station : CRS)が設立され、ケニアのコーヒー研究の中心地となります。品種Ruiru11は、そのルイルのCRSで1985年に輩出された比較的に新しい品種です。研究所のある場所であるルイルと、最初の数字1は交配の方法、その1番目に作られた品種という意味で、Ruiru11という名が付けられています。

カリタティ生産者協同組合

kenya kiunyu washed karithathi farmeras co-op ケニア共和国の首都ナイロビから北に約120km、ケニア中央部に位置するキリニャガ県ケルゴヤの近くのギチュグ地区にカリタティ生産者組合(Karihathi Farmers Cooperative Society)のキウニュ ファクトリーがあります。この地域はケニアを象徴するケニア山の南山麓にあり、ミネラル豊富な赤い火山灰土壌が良質なコーヒーの生産に非常に適しています。年間降水量も1400mmと豊富で、水洗式(ウォッシュド・プロセス)のコーヒー精製にも向いています。キウニュ ファクトリーは、1960年代に設立された水洗式のコーヒー精製工場です。カリタティ生産者組合は、周辺の村、カグモイニ、キアンドゥマ、キアンブク、キアンバサ、ガチュア、キアムキの1100軒を超す小規模コーヒー農家からなっています。 各生産者が収穫したコーヒーチェリー(果実)は、その日の内にキウニュ ファクトリーに運び込まれます。完熟した赤い果実のみを手選別したのち、更に流比重選別方式で完熟果実のみを選別、その後、パルピング(果肉除去)され、発酵、水洗、24時間きれいな水で浸け置きし、アフリカンベッドで天日乾燥させます。木や鉄製の枠を組み、そこにネットを張ったアフリカンベッドと呼ばれる乾燥棚で乾燥させました。ネットの下側から風が入ることによって乾燥が均一になり、品質の高いコーヒー豆を作りあげることが可能になります。しかし、乾燥むらをなくすために手間をかけ、何回も均一に混ぜなければならず、難しい技術と労力が必要です。
 これらのキメの細かい丁寧な作業が、ケニアのトップグレードと呼ばれるコーヒーを作り上げます。ケニア独自の栽培品種が持つ素晴らしい香りと甘さ、ミルクキャラメルのような余韻がなめらかで、後を引く飲み心地です。

テイスティング ノート

 丸みのあるキレイな苦味と、それを包み込む柔らかい甘味があります。ミルクキャラメルのような余韻がなめらかで、後を引く飲み心地です。香ばしいアロマの中にフルーティさを極わずかですが感じます。

甘味 ★★★★★★
コク ★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味
苦味 ★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

生産者 カリタティ生産者組合
エリア キリニャガ県ギチュグ地区
品種 SL34、Ruiru11
規格 AA
プロセス ウォッシュド
標高 1644m
オススメ焙煎 中煎り