ブラジル
ショコラ ピーベリー
ナチュラル
サント・アントニオ・エステート

brasil chocola peaberry

世界第1位の生産国ブラジル

 世界第5位の面積を擁するブラジルは、ラテンアメリカ最大の領土と人口を誇り、ラテンアメリカ最大であると同時に世界第7位の経済規模を持つ国家です。言わずと知れたコーヒー大国でもあり、コーヒーの生産量は世界第1位を誇ります。ブラジルのコーヒー生産量は、全世界のコーヒー生産量の3分の1を占め、1850年から現在まで150年以上に渡り世界第1位の生産量を誇ってきました。アメリカ大陸には元来コーヒーは自生しておらず、1727年にブラジルに持ち込まれたのが最初だと言われています。

品質に対するプライド高きコーヒー生産者たち

brasil chocola peaberry ブラジルのミナスジェライス州のサント・アントニオ・ド・アンパロは、小高い丘陵地で土壌と水資源に恵まれた地域です。約80年以上も運営され続けている農園が多数存在し、その自然の力にも恵まれた環境は80年前と変わりません。このサント・アントニオ・ド・アンパロ地域は、チョコレートの甘味を持つコーヒーを産出されることで有名な地域です。サント・アントニオ・エステートは、サント・アントニオ・ド・アンパロを中心に周辺のオリペイロ、カルモデマタ、ボンスセッソ、サンフランスコデパウラの地域にある20のコーヒー生産者で構成される共同体です。品質に対するプライド高き20のコーヒー生産者たちが自信を持ってコーヒー生産に取り組んでいます。

ピーベリーとは

brasil chocola peaberry このコーヒーは、「ブラジル ショコラ ナチュラル サント・アントニオ・エステート」の中から稀少なピーベリーばかりを集めたものです。通常のコーヒーの豆は、1つの実の中に2つの種(コーヒー豆)が形成されますが、時折、片方の豆に栄養が偏り、片方の豆のみが成長してしまうことがあります。その栄養分が偏り、丸く成長した豆がピーベリーです。通常のコーヒー豆の7~8%程度がピーベリーとなります。7~8%しか採れない訳ですからピーベリーは稀少なコーヒー豆と言えるでしょう。通常1つの実の栄養を2つの豆で分けるところを1つの豆が栄養を全て吸収するのでピーベリーは栄養過多になる分、味わい深いと言えます。粒は少し小さめですが、コロコロとしたかわいい外観となるのが特徴です。味の特徴としては「ブラジル ショコラ ナチュラル サント・アントニオ・エステート」よりも香ばしさとコクを強く感じ、余韻に広がる甘味の奥行きを感じるようなコーヒーです。

テイスティング ノート

ナッツやカカオを思わせる香ばしさがあります。しっかりした苦味の中にビターチョコレートにも似た甘味とコクがあり、余韻に広がる甘味の奥行きを感じるようなコーヒーです。

甘味 ★★★★★★
コク ★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味 -
苦味 ★★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

生産者 サント・アントニオ・エステート
エリア ミナスジェライス州
サント・アントニオ・ド・アンパロ
品種 ムンドノーボ
カツアイ
カツカイ
規格 ピーベリー
プロセス ナチュラル・プロセス
標高 1000~1100m
オススメ焙煎 中煎り