グァテマラ
コールドブリュー2021
ウエウエテナンゴ ペニャロハ
ウォッシュド
ペニャロハ生産者組合

guatemala cold brew 2021

グァテマラの良質なコーヒー産地の1つ

 グァテマラは中央アメリカ北部に位置し、北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバルと国境を接する国です。北東はカリブ海に、南は太平洋という2つの海に面し、国土の大部分が山地からなっています。グァテマラには、ANACAFE(アナカフェ)と呼ばれるグァテマラ国立コーヒー生産者協会(Association Nacional del Caf?)が定める8つの良質なコーヒーの産地があります。その8地域は、アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハネスです。  ペニャロハ生産者組合は、ウエウエテナンゴ・エリアにあります。2000年より前は、グァテマラのコーヒー産地といえばアンティグアやコバンが有名で、ウエウエテナンゴは世界的には無名といってもいい産地でした。しかし、現在はウエウエテナンゴ・エリアは、良質なコーヒーの産地として世界的に最も高く評価されている地域の1つです。
 ウエウエテナンゴには中央アメリカで最も高い非火山性山脈であるクチュマタネス山脈(標高3,828m)があり、グァテマラで最も高い標高(2,000m前後)のコーヒー産地になります。ウエウエテナンゴには、メキシコのテウアンテペック平原から吹き付ける乾燥した温暖な風が吹き付けます。標高があるにもかかわらず、この風のおかげで霜害から守られ、コーヒー栽培を可能にしています。平均気温16~28℃、年間降水量1,800~2,000mmという適度な湿度、有機物質に富んだ土壌と、コーヒー栽培には最適な環境が整っています。標高が高く、昼夜の寒暖の差が大きいため、コーヒーの木は種子であるコーヒーの豆を守ろうと果実に栄養分をしっかり蓄え、良質なコーヒーを育みます。また、明確な乾季があることも均等な開花熟成を生み、良質なコーヒー豆の成長を促がしています。

有名エリアの中でも良質なコーヒーを生産する組合のひとつ

guatemala cold brew 2021  ペニャロハ生産者組合は、82家族の小規模のコーヒー生産者によって形成されており、全中米中て?の非火山最高峰を有するウエウエテナンコ?市に位置しています。このエリアで生産されているコーヒーの特徴としましては、心地よいワインのような上品なフルーティさと、芳醇な香り、スッキリとしたコクなどがあげられます。グァテマラでは2005年に2回のQオークションが開催されましたが、ペニャロハ生産者組合は2回とも受賞しています。ウエウエテナンゴ・エリアでも最高品質のコーヒー豆を生産するコーヒー生産者組合のひとつに名前を連ねています。
 ペニャロハ生産者組合の生産者達は、それそ?れウェットミルを持ち、山から得られる新鮮な水て?処理をした後、組合か?所有するト?ライミルにチェリーを持ち寄って精選をしています。組合の結束力は非常に固く、また勤勉て?環境対策にも力を入れており、土壌保護、水の再利用、オーカ?ニック農法等を用いて自然と調和した農法で早朝から晩遅くまで作業を行っています。各生産者は、コーヒー愛と情熱が詰まった最高のコーヒーを作り出しています。

コールドブリュー(水出し)専用に焙煎

guatemala cold brew 2021こだわりの焙煎方法によって、香りが高く、まったりとした甘味のあるコールドブリュー(水出し)専用に作りあげました。



美味しい水出しコーヒーの作り方は、コチラのページをご覧ください。

テイスティング ノート

高品質なコーヒー産地として世界的に有名なウエウエテナンゴのコーヒー豆です。スッキリした苦味とフルーティな爽やかさを持つペニャロハのコーヒー豆を柔らかい苦味とまったりとした甘みのコールドブリュー(水出し)専用に仕上げました。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味  - 
苦味 ★★★★

★印8段階、オススメ焙煎でコールドブリュー(水出し抽出)した時の評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 ペニャロハ生産者組合
エリア ウエウエテナンゴ
品種 ブルボン
カトゥーラ
プロセス ウォッシュド
標高 1400~1800m
オススメ焙煎 深煎り(水出し用焙煎)